飴ノート

仕事や日常生活の役に立った本の紹介を中心に記事にしています。

【飴ノート】瞑想の勧め

 瞑想とはなに?という人のために、以下が瞑想の定義だ。(Wikipediaより一部を抜粋)

瞑想(めいそう、英:Meditation)とは、を静めてに祈ったり、何かに心を集中させること、心を静めて無心になること、目を閉じて深く静かに思いをめぐらすことである。この呼称は、単に心身の静寂を取り戻すために行うような比較的日常的なものから、絶対者()をありありと体感したり、究極の智慧を得るようなものまで、広い範囲に用いられる。

なんだかスピリチュアルな定義になっているが、「何も考えず無心になる時間を作ること」が瞑想だと思っている。

最近の瞑想ブームは凄まじく、関連書籍も次々に発売されている。

1.瞑想をするメリット

まずは瞑想をすると何が起こるのかを整理してみよう。

  • 自制心が高まる

瞑想をすることで、自分の感情に飲み込まれずに、冷静な視点で物事に対処できるようになる。瞑想の愛好者として「メンタリストDaigo」さんが有名だ。Daigoさんは自制心の高さが人生の満足度を決める大きな要素だと言っている。

  • 集中力が高まる

瞑想では、外部に逸れた注意を自分の意図した方向に戻す、という行為を繰り返す。それには強い集中力が必要とする。短時間でも継続して行うことで集中力を高めることが出来る。

  • 記憶力が高まる

瞑想を継続すると、脳の記憶容量(ワーキングメモリー、一時的に情報を記憶できる領域の容量)が増加する。

  • 睡眠の質が向上する

瞑想には高いリラクゼーション効果があると言われている。睡眠の質が向上し、短い睡眠時間で疲れがとれるようになる。

他にも諸々あるが、瞑想は良いこと尽くしのであることがわかった。私は毎日瞑想をしているが、稀に寝坊し瞑想を怠る日もある。その日は瞑想をした日に比べ、どこか集中力が散漫している感覚があるし、いつもより疲れやすい。瞑想の効果は偉大だ。

2.瞑想法を試してみる

最もシンプルで効果が高い瞑想方法:呼吸に注意を向ける

最もシンプルな瞑想法は、自分の呼吸に集中する瞑想だ。以下の手順で行う。

  1. イスなどに座り、体の力を抜いて背筋を伸ばし、目を閉じる。
  2. その状態で1分間で4~6回のペースで呼吸を行います(深呼吸に近い)
  3. 上記2を繰り返す。呼吸をしている間、頭の中に雑念が湧いてくるが呼吸に意識を戻す。そうやって逸れた意識を呼吸に向けなおすということを繰り返す。

はじめは3分程度から始めるのが良い。最初はそれでも結構な集中力を要するはずだ。

次第に慣れてきて5分、10分、15分と時間を延ばしていける。

ひたすら相手の話を聴き続ける傾聴する瞑想

相手の話に一切の判断や批判を行わず、ただひたすら「音」として聞き流す。

これも瞑想の1つだ。相手の話を聴き、どんな内容であっても「うんうん」と聴き流す。あまり気の進まない会社の飲み会などでも活用できるので、瞑想の機会だと思えば飲み会へ行くことが苦じゃなくなるかもしれない。

自分の日常生活を第三者視点で実況中継する

立つ、歩く、観る、話すなど、全ての自分の行動を頭の中で言葉にして実況中継する、という瞑想だ。例えばこんな感じだ。

  • 公園をゆっくり歩いている
  • 目の前の子供がこっちに歩いてくるのを認識した
  • 避けるために左側に寄った
  • 通り過ぎてくる子供を見た
  • 前を向きなおした
  • 信号を見た
  • 青信号であることを確認した
  • 交差点の向かい側を見た
  • 右側を見て自動車が来ないことを確認した
  • 前を向きなおした  

実況中継を行うことで、自分を客観視する能力「セルフモニタリング能力」も同時に身につく。 

3.瞑想をサポートするアプリ

今では毎朝の15分の通勤で瞑想をするのが習慣になっているが、継続に大きく貢献したアプリがある。Meditation Timerというアプリで、瞑想の時間を記録できるアプリだ。瞑想蓄積時間がどんどん積み上がり、達成感も得られやすい。

play.google.com

 

世界のエリートはなぜ瞑想をするのか
世界のエリートはなぜ瞑想をするのか