飴ノート

仕事や日常生活の役に立った本の紹介を中心に記事にしています。

【飴ノート】”普通”という言葉の意味

日本の教育システムで重視されているのは”普通”、”平等”といったもの。生徒みんなが平均的に成長していくことが好ましく、誰か一人が秀でたり、劣ったりすることを良しとしない。

しかしこの「平等社会」が他人への思いやりを損なうシステムになっている。

以下は中室牧子氏の有名著書「学力の経済学」より抜粋。

学校で平等を重視した教育ー「手をつないでゴールしましょう」という方針の運動会などーの影響を受けた人は、他人を思いやり、親切にし合おうという気持ちに「欠ける」大人になってしまう

子供の学力には、遺伝や家庭の資源など、子ども自信にはどうしようもないような要因が大きく影響しています。しかし、平等主義的な教育のもとでは、こうした現実にはあまり目が向けられることはありませんでした。

この結果、子どもは、本人が努力しさえすれば教育によって成果を得られる、別の言い方をすれば、成功しないのは、努力をせずに怠けているからだと考えるようになってしまい、不利な環境におかれている他者を思いやることのないイヤなタイプの人間を多く育ててしまっているのです。

学生時代、○○君や○○さんを見習いなさいと言われた経験はあるだろう。成績が悪いと成績の良い子が称えられるだけではなく、生成の悪い子は”怠け者”や”無能”の烙印を押されてしまう。つまり、

 「普通にやっている人は努力できる」

 「努力しないのは普通にやっていないからだ」

 「結果が出ていないのはサボっているからだ」

という見方をされてしまうわけだ。

行きすぎた平等社会によって上記のような考え方が浸透している。これは学生時代だけではなく、社会人になってからも同じことが言える。

 「普通に考えたらこうやるよね。なんで普通にやらないの?」

社会人になってから言われた経験、あるいは言い放った経験はあるのではないか。この”普通”という言葉は、日常会話でもビジネスの会話でも頻出する。一旦立ち止まって、この普通という言葉について考えてみよう。

×「普通は」

×「平等社会というシステムの住人にとって、普通は」

○「平等社会というシステムの住人 かつ 家庭資材が十分にあり、親が子どもに対して理解がある家庭の住人にとって、普通は」

参考の注釈でも記載したように、能力の大部分は家庭資材に依存するとされている。成長できる環境、体験を得ることは能力開発に大きな影響を与え、それを得られるかどうかは、両親の資質などに代表される「家庭資材」による影響が大きい。教育熱心な親は若い頃からどんどん子供に経験を積ませようとするし、また子供との時間も大切にするだろう。

繰り返しになるが、今の社会のシステムで求められるのは、学生でも社会人でも”普通”の人だ。しかし、普通でいられるかどうかは「当人ではコントロールできない問題」ということが解った。「普通じゃない」と言われた側はどう対処すれば良いのか。また、言い放った側は何を期待しているのだろうか。

普通という言葉は便利だが、「平等社会」において安易に使うのは危険かもしれない。むしろ、当記事を整理しているうちに、有効な利用ケースがあまりイメージできない。

「学力」の経済学

「学力」の経済学

 

 

「普通」という言葉を単独で使えば、本記事でも整理したようにリスクが高い。

リスク回避の一例として、「私にとっての」「このチームにとっての」「この会社にとっての」といった修飾をしてあげれば、ある程度の誤解は免れられるかもしれない。