読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飴ノート

ためになった本の記事が中心。

【飴ノート】直観を信じて行動する

  • 会議で次々と新しいアイディアが浮かび、的を射た案を提案している。
  • わからないことを質問をされたら即答し、明快で的を射た答えを返してくれる。
  • 想定外の事態が起こっても、状況を分析してはすぐに何をすべきか判断できる。

職場でも学校でも、このような「デキる人々」を目にする。こういう人たちは観ていて頭の回転が速いなとか、なぜすぐにそんな色々なことを思いつくのだろうかと、ただただ関心するばかりだ。彼ら彼女らは「直観力」が優れていて、頭で考えず無意識のまますぐに行動ができるのだ。どうすればこのような人達みたいに直観を発揮できるのか?

本記事はこの「直観」についてまとめたノートである。

 

直観と聞くと「天性のもの」というイメージが強い。しかし意外なことに、直観は使いさえしていれば身につくのだという。

しかし、「直観=天性のもの」というイメージを持っている限り、なかなか直観を信じて使うことができない。そこで直観についての事実を知れば、そのイメージを拭いさることができれば、直観を使えるようになるのではないだろうか。

目次

1.直観は論理的な理由づけをせず意思決定を行う判断プロセス

まず直観とは何なのかについて、整理してみよう。直観とは、論理的な理由づけをせず意思決定を下す判断プロセスのことを指す。日常生活の中で直観を用いるケースは多い。例えば学校の初対面のクラスメイト、会社の同僚、上司を見て良い人そうだ」「怖そうな人だなど、なんとなく判断をする。恋愛などでもそうだろう。「この人は運命の人だ」と感じるような、いわゆるビビっと来るというやつもすべて直観だ。

2.直観の9割は当たる

私たちが普段から無意識に使っている直観はどれくらい正しいのか?イスラエルのある大学の研究でも人間の直感は90%近い確率で的中することが証明されている。驚くべき高さだ。

www.dailymail.co.uk

ちなみに”山勘”という言葉があるが、これは直観とは別物だ。直観とは「脳がこれまでインプットしてきた経験や学習のデータベースから、無意識に手がかりやヒントを見つけてそっと教えてくれる答え」である。意思決定するまでに潜在的に脳が記憶の蓄積を参照し、答えを導いている。一方の山勘は、このような思考プロセスが働かないまま答えを導いているため、的外れな答えを導きやすい。

3.直観に従って行動するほど直観は研ぎ澄まされる

直観に従って行動した経験が積み重なるほど、よりその精度は高まっていく。若いころに初めて出会った人の第一印象よりも、大人になってから初対面の人の第一印象の方が、最初の印象と付き合ってからの印象が一致する可能性は高くなる。なぜなら、人間関係を重ねて行く中で無意識に直観を使い、経験のデータベースに直観履歴を多く蓄積しているからだ。

4.直観が発揮されやすい環境がある

ここまで整理すると、「いかに直観を使えるようになるか」が重要だということに気付く。そこで、直観を発揮しやすい(直観を行動に移しやすい)条件が存在する。例えば、一人で直観力を発揮しようとするより、仲間やライバルが存在している方が直観を使えるようになる。また、いつも全力で取り組むよりも、脳にある程度のメリハリをつけるほうが直観力を効果的に高めやすいことが解っている。こうした直観力を発揮しやすい条件を知っているかどうか、そしてそういう環境に身を置いているかどうかは直観を使えるようになるのに欠かせないことだろう。

5.直観を鈍らせる考え方がある

上記4とは逆に、直観力を発揮しにくくなる考え方が存在する。それは「バイアス」と呼ばれる偏ったものの見方のことだ。バイアスとは、過去の体験やまわりの意見などによって作られた先入観のことを指す。記事冒頭で述べた「直観は天性のもの」というのもバイアスの1種類と言えよう。バイアスの例としては、人は自分の都合の良い情報ばかりを優先して集め、それ以外を軽視してしまう。(これを確証バイアスと呼ぶ)これにより、本来直観でほぼ正しく得られる情報を軽視してしまうことがある。このようなバイアスを抑え込む方法を押さえておくのも大切だろう。

6.まとめと書評

<まとめ>

  • 自分自身の直観を信じて行動することを繰り返し、直観力を高める
  • 直観を発揮しやすい環境を身の回りに整える
  • 直観を疎外する「バイアス」を抑制する

 <書評>

「直観についての知識」「直観を発揮しやすくなるもの」「発揮しにくくなるもの」という3大項目でわかりやすくまとまっており、非常に読みやすい。図示して説明している箇所も多く、これまた直観的に内容を理解できる構成になっていると思う。是非書店にて1読をお勧めする。

直観力

直観力

 

 

 

<将棋>研究方法を考える

以前の記事で将棋の研究をするメリットについて考えてみた。

 

ritaame.hatenadiary.com

 

今回では研究について、具体的な方法論を整理してみたい。

まずは自分で考える

まずは自分の対峙する可能性のある戦型をリストアップし、自分なりの研究手順を持つようにしたい。ただ、いきなりすべての戦型に対して十分な研究をするのは困難だ。
そこでお勧めしたいのは、対局をした後の感想戦で序盤をしっかりと検討することだ。
局後の感想戦では「研究課題」という終わり方をよくする。これは、その場の検討では結論を出すのが難しいが、双方にとって望みがあって面白い局面といったニュアンスの意味だ。簡単に言えば互角の局面を指している。この研究課題の局面について自分なりの仮説を持って次回以降の対局に臨みたい。以降その局面に出会うことが無かったとしても、そこで自分なりに考える練習をすることで、序盤センスは磨かれて以降の対局に生きてくる。

誰かと一緒に考える練習をする

序盤研究は誰かとシェアすることを強くお勧めしたい。人のよって局面の見え方はバラバラだ。自分以外の誰かとシェアすれば自分の気づかなかった構想を指摘してくれるだろう。その指摘が好手であれ悪手であれ、その対応を考えるだけでセンスは磨かれる。

将棋ソフトを活用する

現代の将棋ソフトウェアの発展は目覚ましい。将棋ソフトを使えば、限りなく心理に近い回答を示してくれるだろう。ただしソフトが着手を示してくれたとしても、その本質を自分なりにでもいいから理解するようにしたい。解った気になっただけではセンスは磨かれないだろう。ソフトを使う前に、自分なりに考えてみてから検証するクセをつけたい。また、ソフトの検証結果が理解できなければ、それはまた誰かとシェアして考える教材として活用したいものだ。

まとめ<序盤の研究は楽しいもの>

序盤の研究は楽しいものです。ためしに一番自分が遭遇している戦型について、本気で研究をしてみてください。はまりますよ。近年は将棋ソフトに頼っている将棋指しが増加している印象があります。それによって、個々が持っている将棋の個性が失われている気がします。そんな中で自分なりに日々感性を磨いている人は、ソフト全盛の近年でも個性を発揮できるのではないかと思っています。そして、そういう人の将棋の作りを見るのは面白いものです。

 

<将棋>研究をすれば強くなれるのか

よく序盤の研究をすれば勝てるようになるのか?という疑問がある。これには賛否両論で、研究をすべきという人もいれば、実戦を重視すべきという人もいるだろう。本記事では序盤研究をすることで得られるメリットについて考えてみたい。

終盤まで集中力を保てる

序盤研究を十分にしていれば局面がある程度想定できる。何もない状態からその場で考えるのに比べ、事前にある程度想定しておくことで心理的不安が段違いに軽減される。一方で研究していない状態では序盤の1手1手に神経を使い、わざわざ考える必要がない局面で長考に陥ってしまう。気が付けば自分だけが持ち時間が無くなり、相手はほぼ使ってないという状況はこうして生まれる。

加えて、序盤研究は「脳の体力」を温存できることに繋がる。
人の集中力は脳の前頭葉という部分が管理をしている。その前頭葉が発揮する集中力の総量には限りがある。回復させるためには休息が必要だが、いざ対局がはじまると休息など取れるはずもない。
すなわち、もし自分が研究を怠って序盤からじっくり考えていたら、自分だけが集中力を無駄に浪費しているということだ。よく感想戦では手が見えるのに、対局では終盤見えなくなるという人がいる。それは序盤で神経を使いすぎて終盤まで集中力の力が残っていないことが原因だ。

序盤の感性が磨かれる

研究を十分にしたつもりでも、その研究通りに将棋が進むことはほとんど無いだろう。
だが、対局後に研究と実践が逸れた部分から対局後の研究を行うことで、序盤についての見識はどんどん深まっていく。この繰り返しを行うことで、序盤について考えるクセがついていく。考えるクセがつくことで、未知の局面に遭遇しても過去の研究の経験を紐解き、その場で良い駒組を設計できるようになる。序盤のセンスとは研究と実践の繰り返しで磨かれると思っている。

モチベーションが上がる

序盤研究は敬遠しがちな人が多いが、やりだすと意外にはまる人が多い。
対局に負けても序盤の研究がうまくいっていればある程度納得できたりもするし、自信もつく。人の将棋を観戦するのにも、序盤の駆け引きは見ていて面白い。
プロでは結論が出ているとされている戦型でも、アマチュアで独自の研究手順を採用して試している人もいる。そういう駆け引きを楽しめるのも、序盤をしっかり勉強している人の特権だ。

<将棋>負けた棋譜と向き合うには

将棋で負けるのは悔しい。

「負けました」と相手に敗北を宣言すると、次の瞬間には何がダメだったのかと考えているのではないだろうか。インターネットで将棋をやっていると無意識に次の対局に向かってしまう。勝ちたいからだ。

だがちょっとだけ間を置こう。負けた将棋を指した時は、最も棋力を向上させる道具を手に入れた瞬間だ。道具とは自分が指して負けた将棋の棋譜そのものだ。負けた将棋は必ず原因となる着手が存在している。その振り返りを局後に行うことが飛躍的に棋力を伸ばす大きな要素だ。

嫌な時はすぐ振り返りせず記録だけ取る

そうは言っても、逆転負けした棋譜などは局後見るのも嫌になるだろう。そこでお勧めなのが、記録だけ取ってすぐに感想戦を行わないことだ。感情的になっている状態で振り返りを行ったところで、頭の中は「早く感想戦を終わらせて次の対局に行きたい」と考えているため、たいした成果は得られない。

棋譜だけどこかに取っておこう。インターネットで指したのであれば棋譜だけPCのどこかにコピーして保管しておきたい。将棋倶楽部24や将棋ウォーズのようなサイトは一定期間経過すると履歴から無くなるため注意が必要だ。リアルで対局した場合、局後感想戦を丁寧にするのが暗黙のマナーになっているが、感情的になってしまうのであればサクっと切り上げても良いと思っている。

気持ちに余裕がある時は徹底的にやる

逆に気持ちに余裕がある時は意欲的に感想戦に取り組みたい。もし感想戦のパートナーがいる時は、自分が感じた不明点、疑問点をどんどん提示していこう。その際、何故自分がその着手を選んだのか説明することが大切だ。なぜその着手を選んだのか意図がわかれば、パートナーも指摘がしやすい。人に説明をすることは感想戦で棋力が伸びる大切な要素だ。これができる人は意外と少ないので、早くからこの習慣を身に着けたいところだ。

強い人の「なんとなく」を掘り下げよう

強い人と感想戦を行うと、着手の意図を問うと「なんとなく」という回答が返ってくることが多い。これは、お幼い頃から何度も対局を重ねた結果、いちいち着手の理由を考えずに体で覚えて指しているからだ。疑問点をぶつけて「なんとなく」という答えが返ってきたら掘り下げよう。強者のなんとなくの感覚を会得できるチャンスだ。

感想戦のパートナーを見つけよう

感想戦を行うパートナーがいれば、一人でやるのに比べて負け将棋と向き合いやすくなるだろう。さらに感想戦の質を上げる方法としては、まず一人で振り返りを行って整理した状態でパートナーと感想戦を行うことだ。事前に考えてもわからないことを整理できているためスムーズに感想戦が進むだろう。

~まとめ 「負けた棋譜と向き合うには」

  1. 気持ちに余裕がない時は棋譜だけ保存してその将棋のことは忘れる
  2. 自分の着手の意図を説明する癖をつける
  3. 良きパートナーと感想戦をする

<将棋>将棋の勉強法を設計する

最近は趣味で将棋を嗜んでいる人が増えてきているように思える。

AI絡みで取り上げられることも少なくなく、一般の人々が目にする機会も多くなってるように感じる。

実際に日本の将棋人口はどれくらいかというと、レジャー白書の調べでは年間1度以上将棋に触れ合う機会がある人は800万人程度だそうだ。意外に多いな。。。という印象だ。

800万人という人口の中でも、プライベートの主の嗜みとして将棋を楽しんでいる人たち(ヘビーユーザー)はもう少し限られるだろうが、それでも同じボードゲームの有名どころである囲碁の倍以上のユーザーがいることを考えると、将棋が人気の娯楽であることを表しているだろう。

さて、ここで言う将棋のヘビーユーザーは、以下の2種類に大別できると思っている。

  1. 幼いころから将棋を指す機会に恵まれ、道場に通ったり大会に出場している。
  2. 高校や大学、社会人になってから将棋と出会った人たち。

言うまでもないが、プロ棋士はもちろんのこと、将棋のアマチュア強豪と呼ばれる人たちは圧倒的に前者が多い。彼らは幼い頃から将棋を勉強するための時間を捻出しては、対局や研究を行っている。

将棋はいかに早く始めるかが強くなることに大きく影響するという認識がある。これはほぼ正しい。以下、私が考える将棋が強くなる人の条件だ。

  1. 将棋を学習するための時間が確保できるかどうか
  2. 良いライバル、良い師匠に恵まれるかどうか
  3. 将棋の勉強法を知っているかどうか

1と2は若いうちから道場や大会への参加を通じて得られる大きな財産だろう。

では若いうちからはじめていないと諦めなければいけないのだろうか。私はそうでは無いと思っている。1も2も3もいつから始めても十分取得可能だ。

 

将棋についての記事を投稿してみようと思ったきっかけ

とある友人の一言がきっかけだった。

「詰め将棋とか戦型本とか棋譜集はあるけど、将棋の勉強法について書かれた本ってないよね」

たしかに・・・と思った。

「こうすれば将棋が強くなる!」というようなメソッドを抑えている人って案外少ないんじゃないだろうか。

私は大学時代将棋部に所属していたが、将棋を本格的にはじめたのは19歳頃だった。はじめは何から手をつければ良いか解らなかった。なので、当時最も強い部員に勉強法を聞いた。その時にもらった回答はこれだ。

「とりあえず実戦を1000局くらいやって初段くらいになってください。そうすれば将棋っているルールがある程度わかったといえるんで、検討とかはそっからですね。」

事前に言っておくが、決して私はこの部員を恨んでいるわけではない(笑)むしろたくさん練習対局に付き合ってくれて感謝しているし、学生時代の棋力が大幅に伸びたのも彼のおかげだと思っている。

ただ今思えば、将棋の勉強法を知っていればもっと伸びたのではないかと思っている。私は19歳から本格的に将棋をはじめ、大学卒業時には将棋倶楽部24で6段(2500点以上)まで到達した。

飛躍的に実力が伸びたのは勉強法を自分の中で確立できてからだった。同時に、将棋に対する捉え方、例えば「何故自分はこんなに将棋に時間を費やしているのか?」といった精神面のアプローチが非常に重要だった。これらを事前に抑えていれば、同じ時間を費やすにも全く違った結果になっていたいただろう。

読書で知ったことも将棋に応用できるのでは

私は社会人になってから本を読むようになったが、読書で得た知識で将棋に応用できることは大いにあると思っている。

例えばこの前の記事で書いた瞑想だ。瞑想は将棋の棋力向上や大会で結果を残すのに最も役立つものだと思っている。ちなみに私が瞑想をはじめたのは卒業した後だったので、瞑想の恩恵を受けることはできなかった、残念だ。

ritaame.hatenadiary.com

 

将棋界に貢献したい

これが結論だ。自分の学生時代の将棋経験や、社会人になってから読書を通じて知った将棋のノウハウを整理できればと思っている。

と、まだ具体的なノウハウを1記事も書いていないのにいきなりまとめっぽくダラダラと書いてしまった。

幸せになる勇気まとめ

「嫌われる勇気」の続編である「幸せになる勇気」

嫌われる勇気同様、幸せになる勇気についてもサクっとまとめた。

 

目次

  1. 「悪いあの人と可哀想そうな私」ではなく「これからどうするか」を考える
  2. 賞罰をやめることで「競争」から「協力」にシフトする
  3. 自ら率先して「他者貢献」して「貢献のマインド」を育てる
  4. 自らの意志で「わたしたち」の幸せを築き上げる

① 「悪いあの人と可哀想そうな私」ではなく「これからどうするか」を考える
・人の相談は「悪いあの人」「可哀想な私」という話が大半を占め、慰めで終わり解決するためのアクションに到達しない。
・他者に期待をすることは「承認欲求」を強化し、「依存」に繋がる
・「これからどうするか」に視点を移すことで「自立」に繋がる

【まとめ:「悪いあの人と可哀想な私」から「これからどうするか」に視点を当てることが自立のための第一歩】

 

② 賞罰をやめることで「競争」から「協力」にシフトする
・賞罰の価値観は「縦の関係」。縦の関係は競争、不正、戦争を生む。
・期待した水準まで褒められることが叶わないと、褒められることを目的にありとあらゆる不正を働かせる。
・「横の関係」として協力しあう「共同体感覚」に発想転換することで余計な人間関係に苦しまずに済む。

【まとめ:賞罰をやめて「競争原理」から「協力原理」にシフトする】

 

③ 自ら率先して「他者貢献」して「貢献のマインド」を育てる
・他者からの評価を求めると相手に自己中心的な期待をして苦悩する。
・他者の評価に依存するのではなく、自分で評価することが自立に繋がる。
・自らが率先して他者に与えることで「自分は誰かの役に立っている」という貢献感を得る。

【まとめ:自ら率先して「他者貢献」して「貢献のマインド」を育てる】

 

④ 自らの意志で「わたしたち」の幸せを築き上げる
・多くの大人たちは自分の弱さやトラウマを武器にして他者をコントロールしようとする。(自己中心性)
・上記の自己中心性から脱却するためには、自己と不可分なる「わたしたち」の幸福を願うことである。
・愛することは「何の保証もない」状況で相手を無条件に信じる行為である。
・「自己受容」「課題の分離」「賞罰の価値観からの脱却」「率先した他者貢献」全て満たして初めて人を愛することができる。

【まとめ:愛する勇気は幸せになる勇気】

 

幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

 

 前作「嫌われる勇気」についてのまとめはこちら。 

ritaame.hatenadiary.com

 

嫌われる勇気まとめ

 

知らない人はほぼいない心理学の有名著書「嫌われる勇気」

要点だけサクっとまとめてみる。

 

 目次

  1. 過去の「原因」ではなく、いまの「目的」を考える
  2. 劣等感は理想の自分と比較してこそ生まれてくるもの
  3. 自分と他社の課題の分離
  4. 仲間意識は横から目線から生まれる
  5. いま、ここを生きているという感覚を得る

① 過去の「原因」ではなく、いまの「目的」を考える

・いまの自分の行動は過去が「原因」で行動している → 原因論
(例) 私はむかし同級生にいじめられた。だから性格が歪んだ。だから引きこもっているのだ。
・いまの自分の行動はいまの「目的」のために行動している。 → 目的論
(例) 引きこもることで心配してもらえる。だから引きこもっているのだ。

【まとめ:人は「目的」があるから今の行動をとっている】

 

② 劣等感は理想の自分と比較してこそ生まれてくるもの
・他者との比較から生まれる劣等感は悩みの元となる
・理想の自分との比較から生まれる劣等感は、理想の自分に近づくためのエネルギーになる

【まとめ:劣等感は理想の自分を目指すエネルギーになる】

 

③ 自分と他社の課題の分離
・「承認欲求」を持ってはいけない(人はだれか他の人の期待を目指すために生きているのではない)
・自分の行動に対する反応を決定するのは他者の課題で、それが何であれ受け入れる
・自分は他者の課題に介入せず自分の課題に集中することが自由に生きるということ

【まとめ:自分と他者の課題を切り離すことが自由に生きるということ】

 

④ 仲間意識は横から目線から生まれる
・人の悩みはすべて対人関係の悩みである
・良好な人間関係は相手を「褒めない」「怒る」ことで築ける
・褒めることで縦の関係を作ってしまう(褒めるという行為は能力のある人が能力の無い人に下す評価)
・相手を評価するのではなく、「ありがとう」「助かった」など、同じ高さからの言葉かけをする

【まとめ:良好な対人関係を築くには「ありがとう」の横から目線。「褒める」「怒る」の上から目線はNG】

 

⑤ いま、ここを生きているという感覚を得る
・ありのままの自分を受け入れる(出来る自分も出来ない自分も認める)
・他の人を信じるにあたって、いっさいの条件をつけない(信頼することを恐れると永遠に深い関係は築けない)
・自分なりの行動で誰かの役に立つ「他者貢献」(人はだれかの役に立っていると思えたときだけ価値を感じることができる)

【まとめ:「自己承認」「無条件信頼」「他者貢献」でいまここを生きるという感覚を得る】

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

嫌われる勇気の続編、「幸せになる勇気」についてもまとめてみた。

ritaame.hatenadiary.com